金子勝子の質問ルーム

ご質問の新規投稿

お名前
タイトル
内容

質問一覧

[ << 最初のページ ] | [ < 前のページ ] | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | [ 次のページ > ] | [ 最後のページ >> ]

ありがとうございます。

最終更新日時:2010-04-21 / 投稿日時:2010-04-21
  • 投稿者:K.Julian
  • 大変参考になりました。
    ピアノを教えるようになってかれこれ30年になりますが、日々学ぶことの多いこと・・・。こうして、金子先生にご相談できることとても感謝しています。お忙しいのにいつも迅速に回答してくださりありがとうございます。
    先生の熱意とエネルギーに感服しています。
    ありがとうございます。
    敬具

アルベルテイ・バスとテンポのゆれ

最終更新日時:2010-04-21 / 投稿日時:2010-04-21
  • 投稿者:K.Julian
  • いつもウェブサイトを楽しみに拝見しています。
    以前、先生にレッスンを見たいただいた時、先生がアルベルテイ・バスをフィンガーペダルを使って弾かれたのがとても印象に残っています。
    アルベルテイ・バスはフィンガーペダルを使うのが常識なのでしょうか?
    フィンガーペダルは、初歩から教えてよいのでしょうか?
    小さい生徒さんの場合、フィンガーペダルを教えたら何もかも引きずって弾くくせがついてしまうのではと気がかりなのですが・・・。
    それと、生徒で短い曲は一定の速さで弾けるのに曲が長くなると、テンポがゆれ、メトロノームを使って弾けば一定になるのですが、メトロノームを止めるとまたゆれてしまいます。ゆれるテンポに自身耳がのなれすぎてしまったせいかなと思うのですが、どうしてテンポのゆれを直したらいいのかと苦慮しています。メトロノーム、声を出して数える、足でリズムをとるなど、いろいろ試しているのですが、なかなか直りません。 先生のご意見をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
  • お久しぶりです!
    アルベルテイ・バスをフィンガーペタルでこなす場合は、メロディーラインの進行具合によって変わります。メローディーをすっきりさせ、しかもハーモニー感をより鮮明に出したい時に使用します。

    >>フィンガーペダルは、初歩から教えてよいのでしょうか?
    *此の事はバランスの問題を含めてかなり指のコントロールを要求されますので、
    まずはアルベルテイ・バスの正しい弾き方・・。左手1指(親指)が出すぎたりしないように気をつける練習を積んでからがよろしいと思いますが・・。
    >>小さい生徒さんの場合、フィンガーペダルを教えたら何もかも引きずって弾くくせがついてしまうのではと気がかりなのですが・・・。
    *指に力をためながら弾くと音を引きずるようにしてしまいます。その点はいつも気をつけた方がいいでしょう。

    *テンポの問題は常にメトロノームのテンポを気にしすぎるあまり、音楽の呼吸や間の取り方が身につかなくなる恐れがございます。どんな場合にもフレージングを生かしながらのテンポ感を身につけさせる事が大切です。つまりバランス等にも気をつけて、ホモフォニーの場合には左手の安定感(テンポ)が大切なので、それに気をつける必要があります。
    テンポが揺れるのは大体このような場合には左手の⑤指(小指)の支えや③の指の支えが効かない場合に起こりやすいので、それを鍛える練習をなさるといいでしょう。
    その上で諸々気をつけていく必要があります。常に何が欠けているかを観察しながらなさるといいでしょう。お役にたてば幸いです。

完成度の高い演奏とは?

最終更新日時:2010-04-18 / 投稿日時:2010-04-16
  • 投稿者:匿名
  • こんにちは。初めて投稿します。よくコンクールなどでは、完成度の高い演奏が評価されるといいます。その「完成度」というのは、具体的にどういったことを指すのでしょうか?また、そのような演奏をするには、普段からどういった練習をする事が必要でしょうか?あと、音楽的に良いところがあっても、全体のバランスが取れていなくて、そこまで完成されていなければ、コンクールでは致命的になるのでしょうか?恐れ入りますが、お暇なときにご返事いただければ嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。
  • ミスなく書かれている音符どおりに弾けば良いという問題でもありません。
    なぜならピアノ音楽は芸術だからです。曲の時代背景をもとに作曲者の言わんとしていることをバランスを考え、指先でコントロールしながら音で語る必要があるのです。音の粒をそろえて譜面通りに弾くのであれば、コンピューターに任せればよいのです。
    そうでなく、人間の考えていることをまるで生き物のように指先、手首、肘、体を連動させコントロールし、頭と心を使い良い音色で奏でて初めて芸術になるのです。
    それを可能にする指先のコントロールですが、そこに行きつくまでもちろん指の鍛練は欠かせませんが、その練習の際にも一人ひとり持ち物が違いますから、その資質に合わせて&曲の内容に合わせての練習方法も必要になります。

    コンクールはあくまでもそれらの比較検討になります。どんなに完ぺきに弾いても、時代背景から離れた演奏や人の心を打つ部分が無くては・・又は何を語りたいのか判らない演奏では良い結果は難しくなります。

おんぷ♪さん

最終更新日時:2010-04-13 / 投稿日時:2010-04-11
  • 投稿者:アイスクリーム
  • 勇気を出してがんばってください!
    お互いピアノがんばりましょう!
    私は、前にここで質問をしたとき、金子先生がとても親切に教えてくださっただけではなく、励ましの言葉や練習の仕方のアドバイスを書いてくださった方があり、とてもうれしかったので、書かせていただきました。
    おんぷ♪さん、心から応援しています!
    金子先生、私たちは努力してもピアニストになれるかどうかはわかりません。
    でも、よい先生についているかそうでないかは、私たちにとって、毎日の練習のすべてを変えてしまいます。努力するチャンスは、平等に与えられたいと思います。先生を変わることは日本では許されていなくて、とても悪いことと思われていますが、もう少しみんな自由に行動できるといいなあと思います。先生方に失礼なことをしようと思っている人はあまりいなくて、みんな自分の音楽について真剣に考えているだけだと思います。(これは、金子先生に反対意見を書いているわけでは絶対にありません。)
  • アイスクリームさん有難う!確かにその通りですが、おんぷ♪さんの様子についてはこちらで判断できる材料がすくなく、お答が難しかったのです。先生をかえる件についても、このようなことは相性もありましょうから一概ににはお答も出来ませんの・・。特にこのような掲示板でのお答は問題も起きやすく、簡単にこうしなさいとはいえません・・。したがって私の体験レッスン見学などでしたら、お答もしやすいですし、そこで勉強の仕方を(曲や、その方の具合によって練習方法や欠点の是正など変わってまいりますが)お教えしたりは可能です。
     しかしどのようにしてやめたらいいでしょう・・は、そのかたの先生との絆の在り方によっても変わってまいります。したがっていい加減なお返事は出来ません・・。

先生について・・・

最終更新日時:2010-04-13 / 投稿日時:2010-04-01
  • 投稿者:おんぷ♪
  • こんにちは!
    初めて投稿させて頂きます。
    4月から高1になります。
    私は将来ピアニストを目指しているのですが、
    ピアノを始めたのが7歳で、ヤマハや県主催の
    コンクールに出場しても予選でも入賞出来ないくらい
    実力がありません。
    そこで、先生をかえてみようと思って去年から
    親と相談したりしているのですが、すぐにはいいよと言ってくれず、
    何回もぶつかり合いました。
    そしてやっと今年になって仕方なくといった感じでしたが、
    受け入れてくれました。
    けど、辞める事は先生に自分からいいなよ、と言われました。
    でも、私にはそんな勇気がなくて・・・。
    どうやって辞める事を伝えればいいのでしょうか?
  • 先生をお換えになりたいとのことですが、その理由にどんなコンクールに出ても予選入賞もかなわずとのこと・・・。貴方の演奏を聴いておりませんので、どこに理由があるのかこちらには全くわかりませんのでお答は大変難しいのです。つまり貴方自身は練習を良く積んでいるにもかかわらず上手にならないのは、先生の指導力のせいか、貴方の勉強の仕方が良くないせいか、資質のせいか・・。この辺がキーポイントになります。将来ピアニストになりたいとのお気持ちが強いとのことですが、この世界指導者を換えただけでピアニストになれるほど甘くはなく、そのようなこともあるかもしれませんが、そうでないことももちろんあります。もちろん将来性のある場合は、指導する側もそれなりにかなり神経を使い、欠点の是正や長所を生かしながら長い時間をかけてしっかりとよい方向へ・・が必要です。そうでないと開花もできませんが、生徒と先生の息がうまく合い、一歩一歩前進したり後退することもありましょうが、何事にもくじけず自身の気持ちを貫き通す強い姿勢も大切になります。
    タイプもいろいろです。早く芽を出す人、遅咲きの人(このようなタイプはバランスの取れ方にバラツキがあるが良い面もかなり持っている場合)など色々ですが、いずれにしましても必ずしも先生のせいばかりとはいえないかもしれません・・。したがってなんともお答の仕様が無いのです。
    それぞれ出会いは運命でもあるとも申せますし、相性ということもありましょう
    。どうしてもやめたいのであれば、内容をよく吟味しお手紙などはいかがでしょうか?
[ << 最初のページ ] | [ < 前のページ ] | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | [ 次のページ > ] | [ 最後のページ >> ]