金子勝子の質問ルーム

ご質問の新規投稿

お名前
タイトル
内容

質問一覧

[ << 最初のページ ] | [ < 前のページ ] | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | [ 次のページ > ] | [ 最後のページ >> ]

ピティナのコンペテイションの選曲の方法

最終更新日時:2009-05-20 / 投稿日時:2009-05-20
  • 投稿者:ゆり
  • こんばんは。
    いつも楽しく、先生のHPを読ませて頂いています。

    来年か再来年、生徒にピティナのコンペテイションを受けさせる予定でおります。
    選曲の時に、気をつけたほうがいい点、ポイント等ありましたら、アドバイス頂けないでしょうか?
    よろしくお願い致します。
  • 今日は、広島にて指導者検定の審査を終え、明日からステップのアドバイザーのお仕事があり、その合間を縫って拝見しております。お返事遅くなり申し訳ございませんが、次々と目前に迫っている出来事などを優先せざるを得ませんで・・・遅くなりごめんなさいね。

    このことは一人一人の生徒の資質をキャッチした上で、その子にどの級のどんな曲が合うかを考えることに尽きるでしょう。

    毎年弾き映えのある曲はいろいろ変わりますが、ご本人がどれだけこなせるかによっては、曲がよくても何にもならなくなりましょう。あらゆる角度から考えて決めてくださいね。

ありがとうございました

最終更新日時:2009-04-22 / 投稿日時:2009-04-22
  • 投稿者:みらい
  • ピティナコンペティションの課題曲op49-1です。ご指導くださる先生の、子供といっても一流の楽譜をあたえたい気持ちわかりますがこの子にはまだもったいない楽譜でわたしどものおさいふのひももゆるみが悪く..アドバイス通り先生に率直に話してみます。じつは質問してからなんて失礼な答えにくい質問したのかと一日後悔してました。削除を覚悟でもみましたらすぐ答えてくださって...お忙しいところありがとうございました。


楽譜のえらびかた

最終更新日時:2009-04-21 / 投稿日時:2009-04-21
  • 投稿者:みらい
  • こんばんは  小4の子供にベートーヴェンソナタ集を用意することになりました。ウィーン原典版を買いましたが先生はヘンレ版とおっしゃいます。わたしはそんなに真面目にやらない子供に高級楽譜をあたえる必要があるのか、大事に毎日感謝して使うのか疑問で買うのをためらっています。先生でしたら(まぁこういう母親のこどもはレッスンうけないでしょうが)こういう母親どうご指導なさいますか?やはりヘンレ版にするほうがいいですか?

  • ベートーヴェンソナタのどれを弾くのでしょうか?たとえばOp 49-1 ト短調や Op 49-2ト長調などのソナタでしたら、ソナチネアルバムやソナタアルバムなどにも載っている曲です。楽しみでやるのであればこれらで十分でしょう。

    ただ、専門的にやらせるつもりであれば、ベートーヴェンの曲などは特にヘンレ版がよいのです。そのわけはアーティキレーションやスラー(スラーなどのかかり方や音の切り方などの表示)が一番正しいとされているからです。又、表示の仕方や音などもヘンレ版が正しいとされています。指づかいなどはあまり良くないこともありますが・・。しかしこの楽譜はお高いですし、あまり必要性をお感じにならないのであれば、無理に買う必要はないでしょう。先生はヘンレ版をお持ちでしょうから、レッスンの時に正しいほうに書き込みを入れていただくしかないでしょう。

    先生に”専門家になれるようでしたらいいのですが、まだはっきりしませんし、この楽譜はすごくお高いですね。手が届きません・・・”すみませんが、レッスンの時に先生のほうでよろしく直していただければ幸いです”と、率直におっしゃればよろしいのでは・・・?

    ただコンクールなどで版の指定がある場合には、それに従ったほうがいいですが、各社版になっていれば大丈夫でしょう。

よくわかりました

最終更新日時:2009-04-02 / 投稿日時:2009-04-02
  • 投稿者:セロリ
  • アドバイスありがとうございました!よくわかりました。もう一度挑戦してみます。

ありがとうございます!!

最終更新日時:2009-03-31 / 投稿日時:2009-03-31
  • 投稿者:セロリ
  • 即日、ご返答を頂き本当にありがとうございます!
    具体的に方法を教えてくださり非常によく理解できました。このように、具体的に言われれば反映する事ができるのですが、やはり自分で弾き方や構成を考えることが難しいのです。何度も申し訳ありませんが、自分ひとりで練習していくことにあたってのポイントを教えていただけるとうれしいです。
    よろしくお願いします。
  • まず曲の時代背景(内容)をつかんだ上で、構成の中でフレーズをどう構築していくかです。逆に曲全体のフレーズをつかんでいけば(しかしフレ−ズをつかむ・・という作業は、文章でいう句読点と同じです。これをつかむ力がないと音楽を構築することは難しくなります)全体像が見え、作曲家が何を言おうとしているかがかなり見えてわかってきます。これを基に全体をどうするか構成を考えていくのです。

    この際大切なのはハーモニーの移り変わりです。バランスを考えた上でどんな音色にしたらいいかはフレーズの行方に合わせる必要があります。また難易度の高い芸術作品の中にはいろいろな音がある中で、大切なメロディーラインなどが含まれていたり、同じスイング感でも曲により少しづつ違ったり、これらをもとに芸術ですから全く同じ・・ということはありません。しかしある一定の格調の高さと申しましょうか・・ラインは要求されます。

    そしてこの流れの中でアーティキレーション&ペダルなども考える必要があるのです。このようなことはいろいろな曲に携わり(音楽全般)を頭の中に入れながら、アイディアなども経験の中から活かされます。したがって芸術的な曲での専門分野はある経験と知識がどうしても必要で、これらがまだ蓄積されていない中学生には芸術的に難易度の高い曲などかなり難しいことでしょう。それらの芸術的な作品をあらゆる角度から鑑みて完成させることは、専門家でもなかなか大変なことです。蓄積のない中学生が一人でこなすとなるとどうしてもアマチュア的になってしまうのです。

    せっかく先生に指導していただいているのですから、その辺りは先生にお任せになりながら、ご自分での構築力を高めるために生の演奏やCDなどを漠然と聴くのではなく、ご自分がどうしても納得できなかった所や、解りにくいところなど注意深くいろいろな方の演奏と聴き比べられてでもよいと思いますが、積み重ねることです。
    そうしながら、そのための専門家から上手に指導を仰ぎ、成長していってくださいね。これらのことは一朝一夕に行かないので、みな大変苦労しているのです。焦らずいろいろな面での勉強を積み重ねてくださいね。
[ << 最初のページ ] | [ < 前のページ ] | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | [ 次のページ > ] | [ 最後のページ >> ]