金子勝子の質問ルーム

ご質問の新規投稿

お名前
タイトル
内容

質問一覧

[ << 最初のページ ] | [ < 前のページ ] | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | [ 次のページ > ] | [ 最後のページ >> ]

コンチェルトについて

最終更新日時:2009-09-08 / 投稿日時:2009-09-08
  • 投稿者:ちい
  • こんにちは。
    初めてコンチェルトに挑戦しています。ショパンのコンチェルト1番を練習していますが、ショパンのソロを弾く時とは違う注意点を教えてください。
    今オーケストラを聴きながら弾く為にCDと合わせて弾く事はやっています。
    CDと弾いていても思うのでうすが、弦楽四重奏と合わせる場合、複数の音が混じるのでピアノの音が聴こえなくなる時があって集中力が途切れてしまいます。何か良い練習方法はありますか?
    タッチや音の出し方など、何かアドバイスがありましたら是非教えてください。よろしくおねがいします。
  • コンチェルト(アンサンブル)ですから、弦楽四重奏との呼吸がしっかり合わないと一体感が出ません。

    タッチはやはり”P”でも音に響きが必要です。そして決して指に力をためて弾かないように・・・。良い響きが出ませんので・・。ただあなたのタッチがわかりませんのでこれ以上のお答えは難しくなりますが・・。
    頑張ってください!

左手の練習について

最終更新日時:2009-09-08 / 投稿日時:2009-09-08
  • 投稿者:こっこ
  • はじめまして。
    私は30年程ピアノを勉強していますが、左手が極端に弱く(右利きです)常に左手の指の強化などに日々努めています。
    スケールなども両手だと右手の助けもありそれなりの速さで弾くことができるのですが、左だけになると極端にスピードが落ちてしまい、音も芯のある音が出ません。
    そのこともあり弾ける作品も限られたり、先生には「いい音出すのに左手で潰してしまう・・」と言われます。やはり左手の指先への意識や耳が問題なのでしょうか?演奏会などで極度に緊張すると左手だけが震えてしまいます。左手強化(脱力)のために何かよい練習方法やテキストがありましたらアドバイスいただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。
  • ぎっちょの人を除いて、誰でも左手の神経は鈍いものです。それを補うために、門下生には左手は響きが入り、その上でバランスを取る必要もあり、そのコントロールができる指にするには、2,3倍はさらうように・・と小さいうちから申しておりますが・・。

    大人になってしまいましても同じことが言えるでしょう。マイナーなところは他とのバランスを取るために、時には5倍ぐらいただ弾くだけでなく、いろいろな練習法を交え、状況を見ながらそれぞれの指の資質に合ったやり方で練習する必要があります。

    貴方の状況を実際に拝見したわけでもございませんので、真の理由がつかめません。したがってはっきり申し上げることは難しいと言えます。

    テキストは私自身の編集で、春秋社(
    http://www.shunjusha.co.jp/
    )版の”指支えメトード応用編、で、左手の瞬発力を出す練習をなさってみてください。このことも一朝一夕にはいきませんので、根気よく半年、1年をまずめどになさるといいでしょう。

ありがとうございました

最終更新日時:2009-09-02 / 投稿日時:2009-09-02
  • 投稿者:すもも
  • 金子先生、お忙しい中、早速のお返事ありがとうございました。

    プレインヴェンは、楽譜を持っておりますが、バロックをひこうは知りませんでした。
    早速、楽譜屋さんに行って見てみたいと思います。

バッハのインベンションに入る前の教材

最終更新日時:2009-09-02 / 投稿日時:2009-09-02
  • 投稿者:すもも
  • こんにちは。
    いつも、先生、HPに楽しみ拝見させて頂いております。

    新しく生徒が入ってきたのですが、音やリズムは、自力で、読める力は、あるのですが、これまで、曲中心で、エチュードやバッハをやってこなかった様です。

    そのため、始めのレッスンで、ギロックのソナチネの1楽章を聴かせてもらいましたが、16分音符が、きちんと弾けていない様子でした。

    ツェルニーは、30番でよいかと思いますが、バッハをいきなりインベェンションには入れるものか、迷っています。

    本人に、インベンションの楽譜を見せて、楽譜が難しく感じるかも聞いてみようと思うのですが、一般的に、譜読みがある程度出来る子は、いきなりインベンションに入れるものなのでしょうか?

    バッハの小品や、アンナマグレアーナの小品集、プレインヴェンション等をやってから、インベンションに入った方がよいのでしょうか?

    先生の”虹のプロムナード”にも興味を持っています。

    こちらをインベンションの前の教材として、使わせていただく場合は、ツェルニー30番程度でしたたら、2巻からでよいのでしょうか?

    実際に、生徒の様子を先生にお見せした訳でもございませんし、御返答しにくいかと思いますが、お分かりになる範囲で、御返答頂けましたら、幸いです。
    どうぞよろしくお願い致します。
  • お出かけありがとうございます。確かに生徒さんの状況がよくわかりませんので、確かなことは申せませんが、貴方がおっしゃるようにバッハの小品や、アンナマグレアーナの小品集、プレインヴェンション等を数曲おやりになってから、インヴェンションに入られた方がよろしいのでは?

    虹のプロムナードは1巻からでよいと思われます。2巻はインヴェンションレベルになりますので・・。
    ただ在庫がなければ、手に入らない可能性がございますが・・。
    教材としてお勧めできるのは、プレインベンション(日下部憲夫編集)全音社?バロックをひこう(武田宏子編集)音楽之友社
    辺りです。

脱力について

最終更新日時:2009-08-22 / 投稿日時:2009-08-22
  • 投稿者:つばき
  • こんにちは。二人の女子高校生をもつ母親です。姉の方は、三歳からピアノをしていますが、脱力ができずショパンのエチュードを練習するときつくて弾けないといっています。指先でひく連打は得意のようなのですが、オクターブや音符が多くなると音が出ず、薄い演奏になってしまいます。本人も限界を感じ、音大に進むことはあきらめましたが、それでも妹の方は、同じ悩みを抱えながら音大めざしてがんばっています。小さい頃からの悪い癖はなかなかなか治らないとは、思いますが、少しでも改善しとていく方法をアドバイスしていただけたらと思っています。お忙しいのに申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
  • 脱力ができないとのことですが、まず指先に意識が行くことが先決で、それから手首の力を抜くことを覚え、脱力につなげていくのです。瞬発力で指先に音を入れることができるようになれば、キーのそばで弾くことができますから、レガートも可能になります。

    ピアノを弾くということはただ指先だけを動かせば良いということではだめで、音楽的な構築を活かすには音形に沿った打鍵が必要です。特に指に力をためながらでは指も回らず、よい音色も出せません。ピアノは指のコントロールが勝負で、それによって言いたいことを音で語る世界です。

    それが可能になるように少しづつそれぞれの能力に合わせて、ショパンのエチュードなどに入りますが、いずれにいたしましても指が回るだけではうまくこのショパンの世界を表現することは難しいでしょう。

    オクターブなどは親指と小指がきちんと良い響きで入るようにするにはコツが必要です。小さい時から(オクターブが届くようになった時点から)私はこの練習を大切にいたしますが、いずれにいたしましても、指に力をためながら弾いていたのでは決して良い音が出るようにはならないでしょう。
[ << 最初のページ ] | [ < 前のページ ] | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | [ 次のページ > ] | [ 最後のページ >> ]