金子勝子の質問ルーム

ご質問の新規投稿

お名前
タイトル
内容

質問一覧

[ << 最初のページ ] | [ < 前のページ ] | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | [ 次のページ > ] | [ 最後のページ >> ]

生徒と母親の意識

最終更新日時:2008-04-04 / 投稿日時:2008-04-04
  • 投稿者:Andante
  • 音大受験生の意識について、先生のご意見をお聞かせください。
    私は数人の音大受験生を持っておりますが、
    中には、本人の実力に伴わない、高いレベルの学校の受験を希望している生徒がいます。
    本人に素質がないだけでなく、それに見合う努力もしていません。
    演奏会に聴きに行くという事もしません。
    持っていると役に立つ参考書物、CDを進めても、買う様子もなく、
    私の方が心配になって、買って与えている状態です。母親に何度となく話しをしても、糠に釘の状態です。
    志望校は、むしろ本人よりも、母親が望んでいる様子です。(母親もピアノ専攻ではありませんが、音大卒です)
    私ばかりが心配して、最近は疲れてしまいました。
    ここのままレッスンを受験まで続けても、
    その学校に落ちる事が目に見えているで、
    辛くて仕方がありません。
    時代が違うのでしょうか。
    私が受験を志していた時は、私も母も、もっと必死でした。
    金子先生の所にはこの様な生徒はいないかも知れませんが、
    何らかのご意見を頂けたらと思います。
  • 受験生のことでお悩みのようですが、生徒さんにご自分の実力を実感させるには、その音大のコンサートなど必ずありますから、それを聴かせるか、一度でもその音大の先生のところにレッスンをお連れになり、資質の具合をはかっていただくといいでしょう。

ピティナの曲について

最終更新日時:2008-04-04 / 投稿日時:2008-04-04
  • 投稿者:バラード
  • すみません、お伺いしたいのですが
    B級の近現代、アンニックについてですが、
    ペダルの表示が全くありません。
    たまに、表示がなくてもペダルを入れている子がいます。
    指導の際、とても迷います。
    この曲は先生ならどこで入れますか?
    それともノンペダルですか?
  • この曲は、右手は隣同士の音の連続で、レガートに弾く必要があります。ペダルがにごりやすいので、左手和音の分散が多い事もあり、指ペタルのように根音をやや長めに捉えて弾くといいでしょう。後オクターブなどにスラーがかかっていますが、手の届かない場合には頭で踏んで二つ目でペタルを離すとか、色々工夫なさってみてください。

お返事ありがとうございました

最終更新日時:2008-03-30 / 投稿日時:2008-03-30
  • 投稿者:Koko Julian
  • お忙しい中、早速お返事をいただきとても恐縮しています。大変参考になりました。ありがとうございました。
    こちらに来てピアノを教えるようになってから今年で9年になります。 観光地なので、音楽に興味のある人なんて少ないのではと思ったのですが、とんでもない! 子供達も親も学校もとても音楽に関心がありり、毎年6月行われるJunior Eisteddfod と言う芸術総合コンテスト(音楽、詩、スピーチ、ダンスなどの分野)では、個人、学校レベルで競い合います。
    それと、年に2度、オーストラリア国家公認のグレード試験もあり、音楽を習う子供達の目標、励みになっています。
    ただ、関心があるのと協力的なのとは一致せず、それが一番の悩みです。こちらの教育風潮と比例してか、オーストラリア人の親御さんたちは、子供の権利を尊重するあまり、傍観しすぎるように思えます。
    大きくなって、子供の中から自意識が芽生えてくるまでは、やはり、親御さんからの協力はかかせないと思うのですが・・・。
    それと、情報量の少なさも悩みです。
    インターネットがなかったら、井の中の蛙だったと思います。
    こうして、金子先生とお話できるなんて!
    これからも、相談にのっていただけたら、とても光栄です。

楽譜の選び方

最終更新日時:2008-03-28 / 投稿日時:2008-03-28
  • 投稿者:Koko Julian
  • オーストラリア、ケアンズでピアノを教えています。
    こちらの楽器店は、品数が少なく、ほしい楽譜は、注文し、シドニー、メルボルンと言った大都市の楽譜屋さんから取り寄せることになります。 安いものではないので、生徒に勧めるのも気をつけなくてはなりません。 先生は、バッハ(平均率)、モーツアルト(ソナタ)、ベートベン(ソナタ)、ショパン(ワルツなど)の楽譜は、どの出版社を勧められますか?
    そして、選ばれる決め手は何になるのでしょうか?
    よろしくお願いいたします。
  • あらっ!まあっ!オーストラリアからお出かけ有難うございます。当地でのご指導・・色々とご苦労もお有りのようですが、日本との違いなどありましょう。

    このことのほかにお悩みのことや日本との違いなど時々お聞かせくださいませ!

    ところでご質問の件ですが、作曲者や時代によって異なりますが、バッハやモーツアルトのソナタなどは日本の音楽之友社版”ウイーン原点版”などを良く使わせます。ベートーヴェンソナタはやはりお高くても”ヘンレ版”が安心です。ショパンの曲はやはり本拠地の”パデレフスキー版”を使うことが多いです。

    決め手はそれぞれアーティキレーションや音の違いなどがございますので・・。特にコンクールなどは気をつけた方がいいでしょう。但し子供の曲はその限りではありませんが・・・。

A1級のペダルについて

最終更新日時:2008-03-26 / 投稿日時:2008-03-26
  • 投稿者:まりこ
  • お忙しい中すぐにお返事ありがとうございます。
    金子先生のような大先生がこのように
    ネット上の掲示板で教えてくださる場があるというのは
    とてもありがたいです。
    また質問させていただきます。
    本当に感謝しています。
[ << 最初のページ ] | [ < 前のページ ] | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | [ 次のページ > ] | [ 最後のページ >> ]