金子勝子の質問ルーム

ご質問の新規投稿

お名前
タイトル
内容

質問一覧

[ << 最初のページ ] | [ < 前のページ ] | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | [ 次のページ > ] | [ 最後のページ >> ]

バッハのトリルについて

最終更新日時:2007-07-13 / 投稿日時:2007-07-13
  • 投稿者:amama
  • 金子先生、いつも拝見させていただいています。
    子供がコンクールでバッハ小プレリュードホ短調938を
    弾きますが、トリルが上手く入りません・・
    トリルで減点されるよりも、トリルをなくした方が
    良いのでは?と先生に言われますが、トリルがあるのと無いのでは点数に大きな差はあるのでしょうか?
    トリルをなくした場合、つけて弾いている子との差は
    あるんでしょうか?
    お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。
  • どうしてもトリルがうまくいかないのでしたら、トリルの入れ方をかえるかなさるとよいでしょう。それでも無理でしたら変になるよりは省く方がいいでしょう。

    点数に関しては全体のバランスから考えます。そのトリルがきれいに音楽的に入り、全体の構成、その構築やバランスがよければ、もちろんそちらの方に点は行きますが、それが(トリルが)全てではありません・・。

曲づくり

最終更新日時:2007-07-12 / 投稿日時:2007-07-12
  • 投稿者:buchi
  • 金子先生。私はD級の予選を突破し、今本選曲と格闘している中学生です。ハイドンのソナタを弾きますがどうしてもつまらない曲になってしまいます。
    この曲はどうやって魅力的にしていけばよいのでしょう。テクニック的にはとても簡単な曲だと思うので、余計に悩みます。
  • この場所で貴方の音を聴かずにお答えすることは、ちょっと無理になりますの。このようなことはご指導していただいている先生にお願いすることなのですよ・・。一つの方法として、CDなど聴いて見るのもよいでしょう。

    どうぞがんばってくださいね!

ありがとうございました。

最終更新日時:2007-07-12 / 投稿日時:2007-07-12
  • 投稿者:miyuki
  • たいへんお忙しい中、ご返答頂きましてありがとうございました。
    是非申し込みをしたいと思いますので、よろしくお願い致します。
    親が悩んでおりましても仕方がございませんよね。娘がいつまでもピアノが大好きでいられるように、頑張って参りたいと思います。本当にありがとうございました。

先生ありがとうございます!

最終更新日時:2007-07-11 / 投稿日時:2007-07-11
  • 投稿者:かえで
  • つたない質問に暖かく答えを返して頂き感激しています。
    どうしたら・・と考えを巡らせていましたが先生の著書を拝見させて頂きます!遠方のため直接レッスンしていただくのは困難で、質問ル−ムから失礼してしまいましたが、
    良かったです。ありがとうございました!

ピアノの事で・・

最終更新日時:2007-07-10 / 投稿日時:2007-07-10
  • 投稿者:かえで
  • いつも拝見させて頂いています。ピアノの音が弱かったり、響きが悪い原因は手の大きさや指の細さなのかな・・
    と等と考えをめぐらせ素質がないのではと思う日々を送っています。小6の娘で小柄でなかなか大きな音がなりません。流れは良くつかんだ演奏のようでコンク−ルでは入賞するのですが、年齢とともに曲も難しくなり今後の事が不安です。漠然とした質問すいません。
  • ピアノの場合、確かに弾くための道具になる指質は大きな要素にはなりますが、これが全てではありません・・。大きな手をしていても、そこに指神経のよさやそれに伴った『リズム感、フレーズ感』や、バランス感覚『総じて音楽性』などが伴わなければ本物になっていきません。

    小学生の間は指先がぐらぐらせずしっかりした指の子は、殆どと言っていいくらいいません。指神経がよければ置き換え練習でかなり変わってまいります。この具体的な練習教材が『春秋社版・・指支えメトード基礎編金子勝子編集』にて紹介致しておりますので、私のこのHPのリンク集より春秋社にお入りいただき、ご注文も出来るはずでございます。よろしかったらお使いになってみてくださいませ・・。楽器店からご注文も出来ますし、インターネットのyahooショップでも販売しているようです。

    しかし扱い方など・・微妙にお子様の場合、ちょっとした事で変わってまいりますので、ここで勝手に想像して述べるのは限界がございますことお許しくださいませ。

    つまり指の状況とその音楽性を聴いて見ませんと、はっきりしたお答えは難しいのですが、そんなに心配なさることも無いかもしれません。惟その成長具合は人によってさまざまと申せましょう。
[ << 最初のページ ] | [ < 前のページ ] | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | [ 次のページ > ] | [ 最後のページ >> ]