金子勝子の質問ルーム

ご質問の新規投稿

お名前
タイトル
内容

質問一覧

[ << 最初のページ ] | [ < 前のページ ] | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | [ 次のページ > ] | [ 最後のページ >> ]

質問ではございませんが。

最終更新日時:2009-11-09 / 投稿日時:2009-11-09
  • 投稿者:プラム
  •  はじめて書き込みさせていただきます。小6の娘の母です。様々な先生方のアドバイスをいただければと思い、昨年から幾つかコンクールに出場し、今年も一つ出場しております。その中で、金子先生に講評をいただく機会が何度かございました。たくさんの出場者の講評をお書きになるのは、とても大変な事と存じますが、先生はいつも的確なアドバイスをくださるのはもちろん、必ずお褒めの言葉を前置きに書いて下さり、残念ながら結果が伴わなくともいただいたアドバイスを大切に今後につなげていこうと勇気づけられる思いです。(最近では、お名前が書かれていなくても温かいお言葉で金子先生と分かります。)この場をお借りし一言お礼を申し上げたく、また感謝の気持ちをお伝えしたく記させて頂きました。
     いつかトライアルレッスンを体験させて頂きたいですが、娘の飲み込みがもう少し早くならないと難しそうです。
     またコンクールという形で先生に娘の演奏を聴いていただく機会があるかと思いますが、いただいたアドバイスを活かして、少しでも成長した演奏ができればと思います。
     本当にありがとうございました。
  • どなたかは存じませんが、わざわざご丁寧に恐縮です。このような内容を拝見させていただきますと、審査の重さ&その責任を痛感させられます。再認識いたしております。有難うございました。

小学生のレッスン回数について

最終更新日時:2009-10-15 / 投稿日時:2009-10-15
  • 投稿者:やまだ
  • 金子先生、はじめまして。
    うちの息子についてですが。

    幼稚園〜小5まで、某音楽大学の先生に習っておりますが、とてもお忙しい先生で月に一度、もしくは二度見て頂くのが精いっぱい。曲もどんどん難しくなり、コンクールシーズンではレッスン回数が足りずに思うようにいきません。親としましては、週に一度は見て頂きたいと願うのですが、それはかないません。
    かといって、週に一度見て頂ける先生を探すわけにもいかずに悩んでおります。 子供は少ないレッスンに慣れ、緊張感がないように見えます。このような場合、今の先生を辞めさせていただくのがいいのか、、週に一度見て頂けるような先生をご紹介いただくことは失礼になるのか、、どうかアドヴァイスをお願いします。
  • 現在の先生のレッスン回数のことでご質問ですが、小5で月2回でも、お子さんが成長していれば問題はないと思いますが、コンクールや曲が難しくなる場合には、先生の方で本来2回分を4回分ぐらいの密度にしないと、小5ですと大変かもしれませんね。

    現在の先生に思い切って事情を話されて、穴埋めをしていただける先生をお願いされてはいかがでしょうか?

    その結果でお考えになられたらいいでしょう。

ありがとうございました

最終更新日時:2009-10-08 / 投稿日時:2009-10-08
  • 投稿者:ねこ
  • お忙しい中、お返事ありがとうございました。
    頂きました、ご回答、とても、勉強になりました。
    生徒は、後者だと思いますが、様子を見ながら、根気よく指導していきたいと思います。
  • そうですね。月並みですが、一人一人持っているものが違い、その違いを把握しながら焦らずに・・ですね。そしてグレードを上げていきますが、その中で一人一人の資質の違いが出てきますが、それぞれの長所、欠点(どんな人でも多かれ少なかれありますが)を自覚させながら、グレードを上げることが大切になります。それがまたそれぞれの個性になるように指導していくのが私たちの仕事と言えそうです。

無題

最終更新日時:2009-10-08 / 投稿日時:2009-10-08
  • 投稿者:ミミ
  • 金子せんせい、
    広い心をお持ちになり
    かげながら、応援させていただいて
    おります。
  • わざわざご丁寧に恐縮です。
    ありがとうございます。

生徒に泣かれしまった場合

最終更新日時:2009-10-07 / 投稿日時:2009-10-07
  • 投稿者:ねこ
  • おはようございます。
    いつも、更新楽しみにしております。

    指導している生徒の事で、ご相談させて下さい。
    一昨日のレッスンで、左右の音量のバランスが悪いので、それを根気よく指導していたら、生徒に泣かれてしまいました。(生徒は小3です。)
    きつく指導していたわけでもないのですが、生徒は、年齢の割りには、幼かったり、繊細な部分もあります。(発表会前は、緊張で泣いてしまうそうです。)

    生徒には、謝って、その後のレッスンは、普通に出来たのですが、このまま左右のバランスの悪さをほおっておくのでは、上達もしないし、どう指導していったらよいのか、考えあぐねています。

    どうか、先生からのアドバイスを頂けたらと思います。
    よろしくお願致します。
  • そのようなことは指導者をしていれば、よくおこることですよ。泣く場合、いくつかのパターン(キャラ)が考えられます。

    *思うように弾けず、悲しかったり悔しかったり・・。しかし歯をくいしばっても頑張る場合は、見込みがあります。

    この場合には何が原因で起こっているか・・・その攻略法(練習法)を教え、原因を解きほぐしてあげれば、このタイプはどんどん上達します。

    *ただ先生に指摘され、ダメージを受けて、弾いても弾いてもうまく弾けず、駄目だと思い悲しくなって泣いてしまう場合は、そこで気持ちが落ち込んでいる場合も多く、練習方法を伝えた上で切り上げた方が良いでしょう。

    又、音楽上のバランスに関しての指摘などは、どちらのタイプかを把握なさった上で、もちろんそのタイプに合わせて、根気よくレッスンを積み上げていくことが大切になります。
[ << 最初のページ ] | [ < 前のページ ] | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | [ 次のページ > ] | [ 最後のページ >> ]